マミュ 化粧下地 ナイト&デーエッセンス

ノーベル賞も受賞したEGFは、肌の表面部での成長の因子であるタンパク質の1種です。
成分名称は、 ヒトオリゴペプチド-1です。

 

EGFは「上皮成長因子」と呼ばれますが、「上皮細胞増殖因子」や「上皮細胞成長因子」、「細胞再生因子」とも言われることがあります。
EGFは、新しい細胞の成長を促す働きがあることから、もともとは医療分野で傷の再生ややけど治療などの回復などに用いられていました。

ターンオーバーのリズムを整える

EGFは、新しい細胞の成長を促し、新陳代謝を活性化してお肌のターンオーバー(新陳代謝)のリズムを整えます。
ターンオーバーが整うことで、肌内部で生成されたメラニン色素が垢と共に排出されやすくなるので、シミのない透明感のある肌効果や、肌の余分な角質が剥がれやすくなるため、滑らかな肌になったり、化粧水や美容液などが角質層に浸透しやすくなることに繋がります。

シワの予防や改善効果

加齢によってお肌にあるEGFが減少すると、肌の老化が進み、シワができやすくなります。
不足しているEGFを補うことで新しい細胞の成長が促されることで、シワの予防や改善につながります。

うるおいやハリのある肌に導く効果

肌の表面に位置する角層は、水分と油分のバランスを保つことで皮膚のバリア機能が正常に働きます。
皮膚のバリア機能が低下すると、肌が乾燥しやすくなり、外部の刺激に弱くなり様々な肌トラブルも発生します。
EGFには細胞の機能を正常化する働きがあり、皮膚のバリア機能を整える効果が期待できるため、うるおいやハリのある肌効果が期待できます。

マミュの化粧下地 成分